高砂市吹奏楽団にまつわるblogです。 演奏会や練習日記、団員のアレコレ話を綴っていきます。 よろしくお願いしまーす☆
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
移動中!!

只今、松陽中学校さんとバスをご一緒させて
いただきながら京セラドームへ向けて移動中~♪

遠足みたいで楽しいです(笑)

画像は社内の風景&ソッコー寝に入った
Y子りんの頭部です☆



昨日のリハは佐渡サンの指揮で、すっごく
テンション上がりました♪♪
指導下さる一言ひとことが素敵でしたっヽ(´ー`)ノ

今日は良い演奏ができるよう、
はりきって行ってきまーす♪



やっちょりん
スポンサーサイト
page top
3000人の吹奏楽♪

わたくしごとですが、明日、
3000人の吹奏楽に出演しちゃうことにしましたっヾ(^▽^)ノ

もちろん学生ではないのでガッツリと
マーチングをするわけではありません!

今年は50周年という記念すべき節目を迎えるそうで、
「佐渡裕さん」を指揮者に招き
“ドームで奏でる「アルメニアンダンス・パート1」”
という特別企画を開催されるんです!

市吹からはペットとホルンのスター、パーカッション5人が参加予定☆
一ヶ月前には練習のため大阪にも行ってきました♪
練習では淀校の丸谷先生が指導して下さったのですが、
何百人という参加者を前にこんな想いをお話下さいました。

「今回の企画について佐渡サンも私もお祭り騒ぎに
する気はありません。1100人というたくさんの参加者と共に
“音楽”を奏でたいと思っています。そしてドームを
お客さんでいっぱいにして、一緒に感動を味わいたい。」

この言葉を聞いて、どこかお祭り気分だった自分を反省(汗)
そして、佐渡サンは現在ベルリンフィルの指揮をしており、
それが彼が指揮者を志したときからの夢だったこと、
自分の体験を通して「あきらめず努力を続ければ夢は叶う」
ということを伝えていきたいとお考えだと聞き、
さらに引き締まる思いがしました。

そんな想いの詰まった3000人!ご興味をお持ちの方…だけでなく!
お時間のある方は是非とも、京セラドームへお越しやす♪
吹奏楽をやってなくても楽しめること間違いナシです☆☆
チケットがご入り用の方はM先生まで!


やっちょりん
page top
私事ですが・・・・・・・・・・!!!???
名古屋からです。

全くの私事ですが、7月より京都の方へ転勤することとなりました。
はやいもので名古屋に転勤して1年8ヶ月がたちましたが、この度やっと近畿地方に
転勤となりました。
でも高砂からは距離がある京都です。
現状よりは練習に行ける回数は少し増えることとは思いますが、新しい職場に着任して
みないとわかりません。

取り急ぎ報告します。
page top
市内合同終了☆
20日の日曜日は高砂市内の中学・高校が出演する市内演奏会でした

前日は午前中から楽器運搬→夜の練習→当日の本番と
みなさま2日間お疲れ様でございました

演奏会の出来についてはボヤかしときたいので、
お昼にパーカッションパートで食べたランチをUPします

天繁のランチ

文化会館の目の前にある「天繁」というお店で食べました
こーいう「和」な食事って大好きです


続いて、
『なぜtuba奏者にちびっこが少ないのか
を検証してみました
身長150cm前後の彼女がtubaケースを背負うとこんなカンジ↓↓

tibi_tuba_case

おっと
これではまるでケースの一人歩きですね
なるほどこれは危険かも


なーんて関係ないことばかりかいてしまいましたが、
とにかく6月の本番は終わりました

次は7月です
ファイトだ我々


やっちょりん
page top
大阪市音楽団の第100回定演に行ってきましたー
こんばんは、しばたです。
先週の土曜日、大阪市音楽団の定演を聴きに行ってきましたので書いてみます

お目当ては、大好きな曲の1つ、ヨハン・デメイの「指輪物語」です。
友達から「市音が指輪やるで!」と聞いて日も聞かずに「行く!」と即答したのですが(笑)
久しぶりにプロの演奏を聴きに行くことになったのでした。

指輪、頭から最後まで、とても良かったです。
特に第1楽章は、中盤までで既に感動してました
迫力のファンファーレから一旦静かになり、1つ目の主題を転調しながら繰り返しつつ盛り上がる・・・
必要な要素はきっと「転調時もハーモニーをイメージしてから出す」とか
「ダイナミクスを全員が同じ上げ方・下げ方で」とか・・・ 難しいよなぁ@x@;
でも「ちゃんとやればこうなるんだな~」というイメージは湧いた気がします。

あと印象に残ってるのはやっぱり「一番手前のチューバ、楽器でかかったなぁ・・・」とか。
第3楽章で、B.D.にシンバル片方固定して、B.D.とシンバルを1人で叩いてました。
初めて見ました。ちょっと面白かったです。


記念誌

写真は物販で買ってしまった80周年記念誌です。
パーカッションの小物の解説ページがありました。知らんもんがいっぱい・・・
見てみたい方はチューバしばたまでどうぞ


余談ですが
昨日はヨソの楽団で社会人野球の応援でスーザフォン(今時珍しいメタルスーザ!)
を吹く予定だったのですが、見事に雨天中止になってしまいました。
チャンスを逃して悲しいような、でも左肩的には嬉しいような(苦笑)


そういえば梅雨入りしましたし、本番前の食中毒なんてこともないようにしましょうb


しばた
page top
☆パート練習
フルートです

演奏会前には、いつも1~2回パート練習を行う私たちですが。。

6月の演奏会に向けては、なかなかメンバーの都合がつかず

パート練習できないでいます



パートメンバーの不安な声もチラホラ。。

さて、どうしましょ。。

で、せめて個人練習でもできたらな~~。。

と、ジャ○コの防音会議室を本日突然取ってみました。

ここ、私個人的にも、フルート的にも、練習場所に使っています。

少々代金入りますが、明るい日差しの中、

けっこう広いお部屋で練習できるのが気持ちいいです



突然のことなので、車でジャ○コまで来れそうなメンバーに連絡

本日は計3人の、個人練習となりました。。。

少し気になるところも合わせて練習することもできました。




でも、何よりの楽しいのは こちら 

    


20100612161850.jpg


練習後のティタイム~~





これ、荷物もあるので、

3人が順番に別々に、食べ物調達しに行ったんだけど、

みごとに、セレクトが一緒でビックリ~~~



これも、一緒に練習した効果





今度はもっと余裕を持って計画して、

メンバー全員でティタイム(練習)したいと思います



                                フルート  jiji
page top
西宮市吹奏楽団サマーコンサート♪
でアミティホールへ行ってきました

アミティホール


演奏曲目はコチラ~↓↓
 ・ウインドオーケストラのためのマインドスケープ/高昌帥
 ・フィンランド民謡組曲/J.ヴァンデルロースト
 ・ケベック~北のラプソディー/J.ヴァンデルロースト
 ・「もののけ姫」セレクション/久石譲(編曲:森田一浩)

 平成22年度全日本吹奏楽コンクール課題曲より
 ・迷走するサラバンド/広瀬正憲
 ・オーディナリー・マーチ/高橋宏樹
 ・吹奏楽のための民謡「うちなーのてぃだ」/長野雄行
 ・汐風のマーチ/田嶋勉

でした

印象に残ったのは上記4曲ですかね~
どの楽器の音もすごくキレイに聞こえてきて、
道に迷った甲斐アリってカンジでした

いつものごとく打楽器目線で聴いてしまうのですが
打楽器のみなさん、さすがめちゃ上手でした

まず、どの楽器もちゃんと響いててシーンに合った音量や質で聴こえるんです
シンバル奏者の音も聞き惚れてしまうくらいステキで
よくありがちなのが↓
叩きすぎでウルサイ OR 周りに埋もれて全く聴こえない
コレってどちらもちゃんと楽器を鳴らせて(響かせて)ないからなんやなぁ、と痛感
普段の練習会場からホールへ行くとやはりいつも手探り
そんな中で「もっと出して」と言われると力任せになってしまったり、
逆に「抑えて」と言われると楽器の音すら鳴らせてなかったりするんですよね

勉強にもなったし楽しい演奏会でございました

さてさて帰りは楽しみにしていたケーキ屋サンへGO
前職の先輩であるJunjunに教えてもらったお店なんですが、
シュークリームがものすごく美味しいんです
BROTHERS
しかぁし
入店時には行列が出来ており、お目当てのシュークリームも完売
バウムやチーズキーキも美味しいのですがこの日は諦めました
次は早目に行こう

えびす神社から徒歩スグ阪神西宮駅の南西にある
「BROTHERS」は経営者がイケメン3人です

お近くをお通りの際は是非一度いってみて下さいね



やっちょりん
page top
☆練習日記?  フルート版
先週は、待望の(私的に)パート練習だったのに、胃腸風邪などにかかってしまい、家で唸っていました。。
その後遺症で、金曜日の合奏練習は、お腹に力が入らず、ヘロヘロ~~な音を出し、ブレスも続かず、ヒーヒーハーハー
う~~~ん。。体調管理って重要だわ~~~


そんな中、合奏曲は、課題曲「迷走するサラバンド」  
これ、楽譜見ると嫌~~な感じだったんだけど、聞くとすごいいい曲なんですよね。

指揮の先生の細かく、ゆっくりなご指導により、なんとか音符のハメ方(?)も頭では理解できてきました。
でも、まだまだ必要以上に力が入りすぎてるな~~。。
余裕が無いので、一音抜かしちゃうと、もう戻れない~~~
もう少し楽にこの曲を楽しみながら演奏できるようになるといいな~~。。って思います


 
現在、課題曲Ⅰ・Ⅱと練習していますが、ふたつは全く違う難しさがありますね。
フルートは一見楽譜が簡単に見える課題曲Ⅱ「オーディナリー・マーチ」で苦戦中です
指がムズカシイ訳では無い分、音の移り変わりのタイミングや、一音一音の長さの違いやニュアンスの違い。
それぞれは微妙であっても7人で吹くとバラバラな感じが浮き出てしまいますね。
演奏会までには、心を寄せ合って、まとまった演奏ができるようになりたいな~。。


そんなフルートさん。。
先日、メンバーのふたりは、「迷走するサラバンド」の“サラバンド”が
“3拍子の舞曲”ということを意味するということに、ようやっと気付きました。
というか、気づかされました。。。とある先生に。。。

ふたり同時に
『へ~~~ てっきり、サラバンドさんが迷走してる曲やと思ってたわ~」
と言った次第です。。。

私に至っては、○十年音楽をしていますが、ま~~ったく知りませんでした。
おそらく、他のフルートメンバーに聞いても、ほぼ同じことを思ってるのではないか。。。。

とパートリーダーの私は踏んでおります 



さて、6月の演奏会までもう少し
練習時、みんな揃うと嬉しいな~~




ちなみにしたい曲。。。   ↓

やったことないリードの曲。。
名曲だよね。
鐘の音に心が揺さぶられる~~。。
 
こういう曲、ちまちま練習したい。。  ← 変






                                  フルート jiji


page top
6月1日練習日記
お疲れさまです。しばた@Tubaです。初めて投稿してみます。よろしくお願いします。

職場では転籍者1名、新人1名が配属されたため、後輩が2人も増えててんやわんやしてます。
上司は出張や会議で居ない時間が多いので、指導が大変です。何から教えればいいのやら・・・
やっぱりほうれんそう?電話の取り方?とりあえず業務知識は後回しです。
自分の時は当時課長だった上司にスパルタで引っ張り回されてたのでお手本がありません(苦笑)
なんにせよ、新しい風が入るのはいいことですね!皆さんのところではどうですか?

さて、初めて練習日記なるものを書いてみます。
昨日はマーチとカッパドキアの合奏練習でした。
マーチについては、主にハーモニー練習、強弱のつけ方、バランスの確認を行いました。
アタマのEsのコード等、しっかりチューニングしておきましょう。(←+20だった人;)
リズム隊(特に低音)は音量記号・cresc/dimをはっきりつけること。
落とす方が不十分になりがちです。Perc.の人たちが出来てるので合わせていきましょう。
メロディ隊はEの音等何箇所か音程に注意、トリオの対旋律は軽やかに、といったことが言われていました。
カッパドキアは、昨日の特記事項としては音量バランスの組み立てでしょうか。
テンポゆっくりのところは、低音は歌うように、中高音はそこに乗っかるように。
こちらもクライマックスがEsの和音です。頑張っても音程は変わらないように頑張りましょう。。。
ところで、1週間ぶりの合奏参加だったので少々面食らったんですが、
スプリングコンサートのときよりテンポ上がってます。(小指がつりそうです)
あと、終盤にカットがあります。久しぶりに参加される方は確認しておいてくださいね。

ちなみにやってみたい曲は・・・「三日月に架かるヤコブのはしご」とかやってみたいですね。
映画音楽チックなのはけっこう好きです。



やっちょりんさんの挙げてたピータールー序曲は昔やったことがあるんですが、泣きかけながら吹いた記憶があります。リベンジしたい曲の1つです。

演奏会まであと半月です、がんばっていきましょう
page top
序曲「ピータールー」
ってご存知ですかぁ
1968年にマルコム・アーノルドによってつくられた作品

この曲は、1819年8月16日に英国マンチェスターの
セント・ピーターズ・フィールドで起こった“ピータ-ルーの大虐殺”
が題材になっています
生活に喘ぎ様々な改革を求めて集まった市民約6万人と
それを妨害する騎馬警官隊との衝突でその結果、
11人が死亡し600人以上の負傷者が出る惨事となったのです

争いとパニック、大惨事に至ったさまが音楽で表現されていて、
なんせムチャクチャ素敵な曲なんです


秋のチャリティーコンサートに向けての曲案募集で、
どーしてもやりたい曲は何か?って考えたらコレだったんです

冒頭および終盤に現れる穏やかで美しく壮大な旋律は、
当時の犠牲者に捧げるエレジーだそうで、
その後兵隊の足音(スネアとバスドラ)が徐々に迫ってきて・・・
Percussionをやってる人なら誰もが魅せられること間違いなし
しかーも
ブラスもめちゃくちゃカッコイイ
木管もすーごくキレイで素敵
エレジー部分はとにかく素敵すぎて泣きそうになるんです

聞いたことないって方はコチラをどうぞ

You tubeでも色んな団体の演奏が聴けますので、
気に入った方は色々探してみて下さいね

でもね、この曲があんまり・・・て人もモチロンいはってね、
みんな「虐殺の曲やし・・・」って言わはるんですよ
なんでやろ
「虐殺」ってことが本当に嫌
たんにこの曲があんまりなだけ
このどちらかかな~っと思うのですが合ってるかな?

が理由なら全然なんですが、
なら是非説得してみたい

確かに、人類の歴史上は悲惨で悲しい事件だと思います
でも、この集会に集まった皆さんには命をかけるほどの「想い」があったはず
それから、生きていくための「希望」も持っていたと思うのです

結果的には悲しい出来事になってしまったけど
その想いを忘れないために、繰り返さないために、
わたし達は音楽を通して出会い、伝えることが出来ると思うのです

作曲者であるアーノルドもこのようにコメントされています↓↓
「この時の経験は最終的に人類が堅い信頼の絆に結ばれるもととなり、
無闇に繰り返されることはない。」



いつか、死ぬまでに演奏したい曲のひとつです
 

やっちょりん
© 高砂市吹奏楽団blog. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。